ビジネスモデル

グローバルウォーカーズ株式会社は“テクノロジー”、“コンテンツ”、“グローバル”という3つのキーワードのもとでビジネスを推進しております。

テクノロジー

コンテンツを魅力的に表現するための要素技術である、コンピュータービジョン(画像処理)、AR/MR(拡張現実/複合現実)、機械学習(深層学習)、AI (人工知能)、Amazon AWSなどの各種エキスパートを社内にかかえています。また、研究開発型のアプローチにより、社内で日々最先端の技術トレンドをキャッチアップし、技術サービスとして展開しつつ、社内コンテンツサービスにどのように活かすか、研鑽しております。

コンテンツ

テクノロジーを活用したコンテンツの表現や制作サービスを提供しつつ、自社として日本および中国、東南アジアでのネットワークを活かした独自コンテンツを制作しています。特にコンテンツは教育(幼児向け知育)コンテンツに力を入れており、自社で企画から制作、アプリケーション等での配信まで一貫した体制を構築しています。

グローバル

海外経験があるメンバーが多数おり、公用語にとらわれず、自社でのサービスを海外配信すること。海外でのビジネスを積極的に構築することを得意としております。特に中国、香港、台湾といった中華圏に対する強みを持っている他、最近ではタイを始めとした東南アジアでのビジネスネットワークも保有しております。

テクノロジー優位性

グローバルウォーカーズは民間研究機関でのコンピュータービジョン(画像処理技術)を活用したプロダクトデバイスの企画から製品化の経験や、東京大学・カーネギーメロン大学にて培った画像処理技術及び機械学習の基礎研究をベースとして技術開発を独自しております。特にサービスを設計する過程において、画像処理技術は単なるソフトウェアでしか有りません。ソフトウェアである画像処理技術と、カメラ等のハードウェア(基盤)とのシームレスな連携が必要で、サービス化においては経済合理性の観点からデバイスの選定、アーキテクチャのデザイン、パフォーマンス向上といった幅広い知見が必要とされます。グローバルウォーカーズはそういった幅広い知見を有した少数精鋭のメンバーで構成され、利用シーンに応じてコンサルティングからアルゴリズムを自社で単独開発できることまで、ワンストップで完結できることを強みとしております。

また自社で研究開発した技術成果は、グローバルウォーカーズが提供するコンシューマ向けサービスでも利活用することで、利用者目線での技術有用性も常に意識して改良を進めています。そういった過程を経て培った技術を、私たちは知見・知識とし、高度な情報処理サービスとしてコンサルティングから、アルゴリズム開発、サービス実現に向けた実装開発まで、お客様と二人三脚で成長する技術ソリューションとし、私たちの提供する技術でサービスが進化すること、1つでも新しいサービスが生まれることを目指しています。

勉強会 GWゼミ

勉強会 GWゼミとは

ゼミ開催の背景と講演内容

近年、インターネットの通信速度の向上やスマートフォンの普及に伴って、スマートフォンアプリ、Webサービスなどで画像、映像を扱うことが一般的になりました。一方、コンピュータビジョン、機械学習、AWSといった技術分野を熟知しているエンジニアが不足しています。グローバルウォーカーズ株式会社では、コンピュータビジョン、機械学習、AWS分野の活性化、エンジニアの育成を目的に、業種業界問わずどなたでも参加可能な勉強会を不定期開催しております。(イベント情報は、エンジニアをつなぐIT勉強会支援プラットフォーム「Connpass」にてご確認ください。)

過去の講演内容

  • 第1回(2017年7月24日)
    第1回では、コンピュータビジョンの基礎と応用事例、および画像・映像が関連するAWS活用事例をご紹介いたしました。
  • 第2回(2017年8月2日)
    第2回では、画像の色調補正や各種フィルター処理や、動画像処理(オプティカルフロー等)といったコンピュータビジョンの具体的な処理、およびカメラを用いたスマートフォンアプリにおけるAWSの活用方法を解説いたしました。
  • 第3回(2017年8月23日)
    第3回では、大量のデータから人の顔などをコンピュータに学習させる「機械学習」の基礎について、さらにビッグデータ解析のためのAWS活用方法についてご紹介いたしました。

第1回〜3回目勉強会講師

  • 樋口 未来(グローバルウォーカズ株式会社 CTO) 株式会社日立製作所 日立研究所、米国カーネギーメロン大学客員研究員を経て、グローバルウォーカーズ株式会社を創業。画像/映像コンテンツ×テクノロジーをテーマに、マイナビニュースに寄稿連載中(機械の目が見たセカイ: http://news.mynavi.jp/series/cv_future/ )。専門はコンピュータビジョン、機械学習。東京大学大学院博士課程在学中。
  • 堀内 康弘(グローバルウォーカズ株式会社 技術フェロー) 慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程終了。株式会社ブイキューブ取締役、株式会社フリップ・クリップ代表取締役、株式会社gumi取締役CTO、AWSテクニカルエバンジェリストを経て、2017年当社技術フェロー就任。