画像処理と人工知能(AI)を活用した工場内の可用性向上

工場内での異常発生においては、今までは熟練したエンジニアが経験によって予測していたような、高度な監視業務を画像処理と人工知能(AI)を活用して代行する。その結果、部品の劣化程度を検出し、故障の時期を予測。これまでに実現できていなかった故障時期の適切な予想と、担当者に拠る最適なメンテナンスの実現により、ダウンタイムの低下といった、ダウンサイドリスクを回避する。

全体概要 (スコープ)

多彩な情報ソースをもとに人工知能(AI)の技術を駆使することで、生産設備の故障を予知し、可用性向上を促す。
また、不良品の検出精度を高め、不良品が出荷されてしまうリスクを低減するとともに、不良品の原因特定を支援する。

何故グローバルウォーカーズに優位性があるか

技術は高度先端化が進むにつれて、技術者が得意とする領域も細分化が進んでいる。そのため、1つの問題に対して全体最適化を見出すことが非常に難易度が増している。弊社では、画像処理・サーバサイド技術、人工知能と共に、ハードウェアの知識を持つアーキテクトが一元的にソリューションを展開することが可能。

車載向けステレオカメラ、監視カメラにて利用する画像処理技術、人工知能(機械学習)技術を保有する。
画像処理技術においては、対象の高精度位置推定技術、高精度サイズ計測、リアルタイムでのトラッキング、分析処理、IoTデバイスを用いたシステムのクラウド側で処理する高度な画像処理技術を有する。
一方、人工知能においては、人物認識や対象物の推定をはじめとした実績を有する。Support Vector Machine、Random Forest, Ranking SVM,、Deep Learningなど様々な機械学習の開発実績を持つ。

従来での手法からも劇的に進化

従来型と大きく異なるのは、グローバルウォーカーズが得意とする動画像処理(コンピュータビジョン)の技術を新たに追加要素として取り込むことにより、人間の視覚に代替される情報を活用することで、より予測の精度を高めることが出来る。