動画像処理・機械学習

動画像処理・機械学習はシステムとして表に出てくることは多くありません。グローバルウォーカーズでは、動画像処理・機械学習の技術サービスを通じて、社会に安心・便利・安全を提供できるサービスの創出に務めてまいります。

ステレオカメラ

CTOの樋口は日立研究所在籍時代、ステレオカメラを活用した障害物検出、安全運転支援システムの研究開発を推進し、株式会社SUBARUが提供するアイサイト・システムの製品化を担当しておりました。カメラのキャリブレーション、ステレオマッチング等、高精度な3次元測定に必要な技術・ノウハウを有しております。

トラッキング・軌道計算

ステレオカメラを利用すること無く、1台の汎用的なカメラ及びPCにより、対象物を高精度にトラッキングすることで軌道を計測し、移動情報を自動的に分析する技術を開発しております。動画像の解析においては、オブジェクトトラッキング技術に優れており、オブジェクトの撮像サイズの微小変化から3次元位置を求め、擬似的に視点を変換することが可能です。

機械学習・監視カメラの例

監視カメラのリアルタイムの映像から、移動物を検出すると同時に、歩行者か自転車かを識別します。コンピュータビジョンと機械学習との融合により、精度の高い認識エンジンを作ることが可能です。

機械学習・メーカー推定

機械学習といっても、システムの学習方法は様々な手段があります。Random Forests、SVM、深層学習(Deep Learning)といった技術を駆使し、靴の側面の画像よりシューズメーカーを推定します。